指紋認証で勤怠管理を行うメリット

バナー

指紋認証で勤怠管理を行うメリット

勤怠管理は従来紙のタイムカードによって行われるのが主流とされていましたが、これには多くの問題点が存在します。

1枚1枚の管理手間がかかり、回収や集計作業にも時間を要し、個々の勤怠状況についても月の締め日にならなければ把握することが不可能な点などです。

不正や打刻ミス、計算ミスなどのチェックを始め、カードにかかる消耗費用などの管理が本来の業務を遅れさせてしまうこともあります。



このような処理を効率的に行うために、現在様々な勤怠管理システムが誕生しているのです。

そしてそのひとつが生体認証システムの一種である指紋認証システムです。

指紋認証システムの最大のメリットは、セキュリティ面の強化と不正対策にあります。その名のとおり指でセンサーに触れるだけで情報登録を行うことができ、スムーズな打刻が可能なため勤怠管理として最適です。



また指紋はひとりひとり違い、同じ模様を持つ人間は存在しないためセキュリティ面での安心・安全が確保できるのです。

他の人間が代わりに打刻することもできないため、不正対策となりトラブルを未然に防ぐことができます。使用するのが体の一部であるためカードなどを作る費用が必要ありませんし、紛失の心配がないことも大きなメリットのひとつです。

またセンサーが得た情報はインターネットを通じて一元化され蓄積されるため、管理する側は勤怠管理システムにアクセスするだけでリアルタイムに状況を把握することが可能です。



出勤状況はもちろん、今現在どの場所で働いているのか、修正がなされた場合はどのような修正がなされたかなど、実に細かな情報まで瞬時に確認することができるのです。

東京の監視カメラを情報を幅広くご活用下さい。

勤怠管理をするだけではなく、給与管理システムなどの他システムと連携させることによって自社に一番合うようカスタマイズすることも可能です。

勤怠管理にかかるコスト・時間の削減だけでなく、使い方によってはあらゆる範囲のコスト・時間の削減を実現することもできるのです。

大阪の浮気調査に関する情報が閲覧できます。

http://news.jorudan.co.jp/docs/news/detail.cgi?newsid=MV20151120_1335732
http://m3q.jp/t/438?page=2
http://matome.naver.jp/odai/2141648865848718201/2142054903717045003